リフォームで空室対策をして入居者を増やそう

黒いスーツの男性

賃貸経営を成功させるには

集合住宅

賃貸経営が成功するか否かは、空室をいかにして減らすかにかかっているといっても過言ではありません。賃貸経営初心者におすすめできる空室対策は、専門業者の一括借り上げサービスを利用するという方法です。手数料はかかりますが、空室で悩む必要がなくなります。

View Detail

空室を減らす方法

内観

思うように入居者を集めることができず困っているオーナーにおすすめできる空室対策は、賃貸マンションをペット可物件にするという方法です。ペット可の賃貸マンションの供給量はとても少ないため、ペット可にすればすぐに空室が埋まります。

View Detail

空室を埋める方法

和室

人気設備のニーズ

アパート経営やマンション経営を行なう場合には空室対策が重要になります。どんなに人気のある物件であっても空室が生じるリスクは常にありますので、万が一空室が生じた場合に早急に対応することが重要になります。空室対策として考えられることは、人気設備の設置やリフォームなどの投資を行うことで入居希望者が集まりやすい魅力的な物件に変えることです。これからの賃貸物件は人気設備を設置していることが重要になります。家賃との比較も重要ですが、入居希望者が求めているニーズを把握することも重要です。セキュリティ設備やお風呂の追い焚き機能など、入居希望者が求める設備は時代とともに変化していきますので、これからのニーズの変化もつかんでおくことが必要です。

家賃の引き下げは最終手段

空室対策として、家賃の引き下げを行う場合がありますが、家賃の引き下げは収入の低下を招きますので注意しなければなりません。当初計画の収支が悪化しないように家賃を設定することが重要です。もちろん、近隣の物件に比べて明らかに家賃が高い場合には、何らかの検討をしなければ新しい入居者は入ってきません。その場合には、敷金を引き下げたり、設備投資により魅力を引き上げるほかに、家賃を引き下げるということも検討することが重要です。いずれにしても、家賃の引き下げは一時的なものではなく、長期間にわたるものですから安易に行うべきではありません。様々な空室対策を行ったうえで、それでも入居希望者が集まらない場合の最後の手段と言えます。

空室率を抑える2つの方法

室内

大きなリスクである空室を抑えるためには、立地を厳選することが重要です。入居者のターゲットを絞ることで、入居者が利便性が良いと感じる物件を保有することができます。既に物件を保有している場合には、入居者の希望を聞きながらリフォームを行うことが最高の空室対策となります。これらの工夫をして、不動産経営を成功させましょう。

View Detail

Copyright© 2016 リフォームで空室対策をして入居者を増やそう All Rights Reserved.